ようこそ!Captain YAMACOのホームページへ。日本全国のマリーナをめぐりながらの日本一周の旅。カタマランヨット cara(カーラ)の航海日誌です。

Captain YAMACO 案内記
山幸のブログ
” 想うこと ”
 
この記事のアルバムはこちら

■2009年5月

画像をクリックすると拡大画像が見られます。
更新日:2009/05/23
全員集合!!

5月3日(日)

 ディクルージング出航

同じマンションの中田ファミリーと

長女夫婦ファミリーと私達で無人島の加島へ、

良い日だが、風はまったく無く、加島沖のヨットレースは可哀そうだったが、集まることの楽しさがあれば良いかと、勝手な想いを巡らす、、、、

婿殿です。
誰か誰かの子供かわからないくらいのフランキーファミリーです。

5月4日(木)

 本日は長男夫婦4人と次女と長女夫婦3人も揃い、中田ファミリーとで真昼のBBQです。子供たちは全員、男で威勢はあります。

男たちばっかり5人です。本当に威勢は最高ですが、一人まだ9ケ月はまだおとなしいですが。
山口さんのK&A(ベネトウ36)と山田さんのHAZUKI X(トレッカー42)の2艇です。山田さんはケッチ(ヤマハ36)から換えていました。

5月9日(土)

 千葉銚子マリーナより2艇で計6人で2週間かけて、『おのみち海の駅』に来尾です。

3年ぶりです。懐かしいです!!

2泊して、九州方面に行く予定とか、良いですなー

連いて行きたい気持ちです。

海が呼んでいる季節になりました。

銚子ではいろいろお世話になりました。

夜はどこも何故かいっぱいでした。

『みち草』へ行きました。

左よりオーナーの山田さん、隣艇のオーナー山口さん、元内航船船長、山田さん奥方、私たち、クルー浅野さん(ポチ丸船長)

5月10日(日)

本日は隠岐でお世話になった平井さんが来尾です。

千光寺へ案内して、またまた想いましたプチアノンから展望台までお金払ってでもエスカレータが欲しいと、、、、

ついでに海の駅まで来て銚子の2艇を紹介。

今夜は2艇に招待されています。

夜のヨットでのパーティは最高です。

同性ですが山田さんの奥さんの料理は最高です。

奥さんの料理に6人がぶら下がって楽しく尾道まできたのが、わかるような気がします。

海上生活の一番の楽しみは食べることですから、、、、、幸せなクルーです。

私は『ぽん太』のお好み焼きを出前してもらいました。

ぽん太 tel 0848-37-6128 私の名前を言わないとダメヨ!!

平井さん 会社にて
サンセットビーチ

5月12日(月)

 尾道瀬戸田サンセツトビーチにて

7月5日(日)のビーチクリーンの打ち合わせに行きました。

5月13日(水)

 東京有楽町のからくり時計

5月14日(木)

 岡山シンフォニーホールにて

『井上陽水40周年コンサート』

前から9列目でしたので感激はしました。

20才の時に友人の家で聴いた陽水のLPの全てが

脳天にドカーンときてゾクゾクと背中が走ったのを今も忘れません。それが少し感じられました。

感動感激がないとダメですなー!!

40周年井上陽水コンサート
内海FSRオーナーズクラブ定期総会後

5月16日(土)

内海フィッシャリーナオーナーズクラブ定期総会が福山ニューキャスルホテルでありました。

楽しさの象徴でもあるクラブ旗は決局のところ最終理由も分からず決まりませんでした。

いろんな人の集まりである会というものはスピーディに物事が進まないというデメリットはあるものの、それに換えられない仲間という素晴らしいメリツトがあると思います。10人かで行った2次回、3次回でなにかしら熱いものを頂きました。

今年は取り合えずデイクルーズに行きましよう。

ヨットマンたち是非読んでみてください。一冊2000円

5月

尾道海技学院の会長、校長である村瀬さんがまたまた2冊目のコンピテントクルーのヨット教本を出版しました。

0848-37-8111 尾道海技学院まで

私も1冊目も購入しましたが、いままでのヨットのスキルで間違っていることがありました。

是非、購入してチェックして見てください。

啓文社にもあります。

CCO定期総会 『まん作』にて

5月19日(火)

 本日はCCOの定期総会です。

楽しく過ごせましたことありがとうございました。

『まん作』有志で二次会は『旧うどんの奥山というショットバー』三次会は面白いマスターと美人奥さんの『みち草』でした。御苦労さーん

彼らは広島の入管で大阪までの停泊地は『内海、白石、小豆島』の3ケ所だと入管事務所発行書に記載されていた。オリビエの航路と同じだ、多分オリビエに訊いたんだろう。せっかく内海を指定いただいたが残念だ。

忘れてた

4月23日(木)

 自艇の船底掃除塗装が向島の造船所で終わり、休みを取って、クルーの水五と二人で内海へ回航していると、自艇より少し前にカタマランが入港した。

挨拶をすると、スイス人夫婦で世界一周をしているらしい。

昨年知り合ったフランス人のオリビエと3月に台湾で会って私のことを聞いて来たという。

GOOD TIMING じゃあーりませんか

何か感じるものがある。

今月2回目の内海なのに、、ばったり、、、

運命的な出会いと思っていた。

オリビエはフランスに向けて南下中、彼らは日本へ向けて北進中の途中知り合って、内海へ行ったらYAMADAが居るという話らしい。そしてオリビエはときいたら香港に行ったらしい、、、、

話がインターナショナルになったがしょうがないか。

2-3日停泊したいというが、内海は沖止めをお願いしてくれという、、、理由はカタマランで43フィートもあり、低気圧が2-3日後にくるので、ポンツーンのクリートが折れる心配があるとかで断りの姿勢だ。

それで白石島を紹介したら、行くというので、鞆のヨットマンにお願いして行ってもらった。

なんか切なくてせっかく広島から遠い海を内海を目指して着たのに、出て行ってくれといわんばかりの断りに、少し憤慨した、海の事情が判る人を管理責任者にしないと日本は未だ鎖国といわれても仕方あるまい。

でも昨年10月に着たオリビエも世話してもらった

岡山県笠岡市沖の白石島(内海より15マイル)があるように捨てる神あれば拾う神あればだ。

全てがお金、壊されれば自分に責任がくると困る、

だから大きい艇は断る、台風が来ようならどうでも断る。まるで婆抜きだ。それでも海の男って大きな声でいうときっと云う『海の男じゃないよ』って。

もう一言いうと

『困っている人を助けるのが人間じゃないのか』って!!

そういう教育を受けて感銘する人がこういう海の駅の責任者になってほしい。

前の記事
■2009年4月
次の記事
■2009年6月

アルバム写真

画像をクリックすると拡大画像が見られます。
更新日:2022/08/02

加島沖ヨットレース

世理花ファミリー

内海フィッシャリーナ

テラスBBQ

望(のんちゃん)、孫の響大と裕子 

オーナーの山田さん、隣艇オーナー山口さん

山田さんの愛艇『葉月』トレッカー42 

面白い居酒屋『みち草』の夫婦、尾道の大助花子、いや奥さんは花子さんよりべっぴんじゃ!!ここのエビフライも絶品じゃ!!

槇ケ峰同窓会、総会 6月14日(日)尾道市公会堂です。

安保商店50周年記念コンサート 『小室 等 とパリャーソ』 6月28日(日)午後5時開演 なかた美術館 全席指定席 130名限定 4,000円 主催 尾道ホットコミニケーション

スイス人夫婦で船籍は英国 43フィートカタマランでっかいよ

内海フイッシャリーナのビジターバースにて

前の記事
■2009年4月
次の記事
■2009年6月
コメントをお寄せの方はこちらから