ようこそ!Captain YAMACOのホームページへ。日本全国のマリーナをめぐりながらの日本一周の旅。カタマランヨット cara(カーラ)の航海日誌です。

Captain YAMACO 案内記
日本列島東西南北
” 日本列島東西南北 ”
 
この記事のアルバムはこちら

■日本最西端 (与那国島)

画像をクリックすると拡大画像が見られます。
更新日:2011/07/28
日本最西端の灯台

2010年7月
 遂に台湾まで40km、沖縄から700kmの
遠い日本の果てに着いた、沖縄のヨットマンも行かないところ、
別名「渡難」どなん と云うらしい、
読んで字の通り、渡るのが難しい らしい。
何故だろう?
石垣を出航して与那国近くまで来ると艇のバウ(舳先)が舵をきらなくても左右に物凄い力で振られていく、自艇のコントロールが効かないほど不安な事はない、
海の中からとてつもないバワーがうごめいているのが判る、海というか自然の脅威を感じられるところだ。
帆船の時代、遣隋使、遣唐使よりももっと以前から交易があった時代から難所ではあったんだろう、運の良い何隻かは行ったり来たりで大陸、南の島から文化、情報等を運んできたのだろう、その航海で季節を読めても自然はそれほど甘くない、その中で渡れたことは奇跡に近いんではないだろうか。季節を読めても気象は読めなかっただろうから。

アルバム写真

画像をクリックすると拡大画像が見られます。
更新日:2011/07/28

日本最西端の灯台

dr、コトーの島

与那国島久良部港漁港前

時化の海

誰もいない久良部港漁港前

日本で一番西にある「幸さんちのカレー」経営者は本土の人です。扉、窓きない店です。アジアンっぽい。

若い夫婦が屋っている居酒屋、島には3軒の居酒屋がある、島の有名な魚は「カジキ」です。

時化っぽくなってきた、見えるのき与那国島

久良部港入港ラインは右の線で出航ラインは左で現在地は船の格好した所です。アルファマップと云って新しいeチャート(電子海図)です。座礁後はこれを装備しています。

時化になった。3日間缶詰状態になりました。楽しみの海底遺跡も見られず残念でした。

コメントをお寄せの方はこちらから