ようこそ!Captain YAMACOのホームページへ。日本全国のマリーナをめぐりながらの日本一周の旅。カタマランヨット cara(カーラ)の航海日誌です。

Captain YAMACO 案内記
山幸のブログ
” 想うこと ”
 
この記事のアルバムはこちら

■2008年5月

画像をクリックすると拡大画像が見られます。
更新日:2008/05/11
歓談中

5月2日(金) 快晴
 本日より私達のGWは6連休、そういえば今後GWは
GOLDENからGREENになるとか? どっちになってもGW。
先月の船検と船底塗装のための上架と先週のみなと祭り
での汚れを掃除するためにマリーナへ。
明日より2泊3日で四国クルージングの予定だったが、
汚れが落ちず、結局2泊3日の大掃除になった。
 マリーナで小樽マリーナからヨットマンの庄子さんに会った、訊くと3月に出航して津軽海峡を太平洋側に抜けて、三陸沖を南下、東海を経て潮岬、鳴門海峡より瀬戸内に入り昨日着いたらしい。
 仕事の関係で福山に3、4年ぐらいは在中予定なので、これぞと想い回航を思いついたそうです。
 夕食に招待して話を訊くと、瀬戸内を十二分堪能するのが夢だったそうです。
私も出来る限りの協力が出来たらと思いました。

内海の定食屋でお子様ランチ

5月3日(土) 快晴
 長男夫婦に汚れ落し剤をマリーナまで持って来てもらう、そして近くの定食屋へ、さすがGWです。
満席です。孫の恵大です。、、、、こういうシーンで最近感じられるのは、私たちの人生は、とてつもなく長い歴史というフィールドの中でバトンを繋げて行く走者かもしれません。同じバトンランナーでも
私達のバトンは他人との競争ではなく、自分との闘いで自分をどれだけ磨いて次に渡せるかが勝負のような気がします。立派な気持ちを渡したい

GWのマリーナ

5月4日(日) 快晴
 本日もデッキ掃除、大分綺麗になりました。
美艇になりつつあります。
ランチは庄子さんと先城さんの4人で島で購入した生きていた天然鯛の手作り鯛めしです。
周りの艇はどんどん出港していき、ホトホト、さびしい状態になります。ほんとGWです。
皆さんの目は楽しく輝いています。

信天翁(あほうどり)の会長中村さん(右)と水池さん

5月5日(月) くもりのち雨
 本日は舵社の安藤さんとおのみち海の駅の取材に同行
朝、尾道中央桟橋のおのみち海の駅に行くと、5艇も来艇していました。大阪より田尻ヨットクラブ会長の中村さん(AIRIⅢ)、雪風の水池さんと他1隻合計3隻で来艇、
近くの笠岡のヤマハ30SⅡFairyⅡのYoshidaさん夫妻と
もう一隻は香川からの,、あれれ出港いたしました。
残念。
それから二人で風呂屋、寺院、ヨットマン経営の海辺のレストラン
大林監督の名所、帆布グッズ、からさわのアイスクリーム等々を訪ねました。尾道って程良い海辺の町です。日本一周してつくづく想うことは尾道の程良さです。その程良さが尾道を離れて判つたことは少し寂しかったけれど、、、
今は尾道水道にはヨットより漁船とか川口石油の小型タンカーのほうが似合うかもしれないが今後はヨットが似合う町になるかもしれない、函館、小樽、長崎出島のように。同居して序序に自然に成り立っていったように。
 瀬戸内海の最高の停泊地になりうる土壌、エッセンスそして素晴らしいロケーションを尾道は持ち合わせている。 しかし今の尾道はそのことに気づいていないのかも知れない。
KAZI社の安藤さんにはその旨を最後にお願いした。

カーラランチです。手造りお子様ランチ

5月6日(火) 快晴
 本日は無人島、加島へディクルージングです。
長男夫婦長女夫婦にそれぞれの子供たちと知り合いの藤原さんと息子夫婦に2人の子供たち計12人(長男は仕事でした。)
本日はまたまた炊き込みご飯です。人数の多いときは炊き込みご飯にかぎります。
同じマリーナのwindy2の沖本夫妻も合流して良い季節のランチでした。
 夜はテラスでBBQ、うちのファミリーに長男と次女が久しぶりに帰って来て、同じマンションの中田ファミリー(奥さんと男の子2人)も加わり計13人で楽しい
1年ぶりのパーティです。
 中田さんはソムリエでシェフですので、いろんな興味ある話を聞かせていただき子供たちは尊敬しています、
親戚づきあいできる良いファミリーです。
本日のワインがいろいろ美味でしたし、最後の締めは島で帰りに買った天然ダイ4kgを使った鯛めし。これが最高
残りは昆布締めにして後日食べました。
中田さんにはいつも料理していただき感謝感謝です。
最後のデザートワインも甘いが深みがありました。
細いボトルのアイスワイン(カナダ産)
本日はサイコウーでした。 
この充実感って大事に大切にしなくてはいけない。

HAYATE Ⅵ の柿原さん(淡輪ヨツトハーバー)です。Bon Voyage

5月7日(水) 快晴
 本日は夕べ電話がかかって来て、昨昨年函館で4泊した時に知り合い毎夜毎夜カーラで宴をした大阪淡輪ヨツトハーバーの柿原さんが来尾予定です。
 なかなかの人でして、最後は役員までいった程がうかがわれるパワーのある人でして、会うと不思議にパワーを頂ける人です。
 朝10時に おのみち海の駅で待ち合わせです。
舫いを取ったとき何かしらみなぎる物を感じました?
久しぶりー と私 イヤー久しぶりー で思い出した
あの2年前の盆、函館で5隻のヨットがたまたま集まって
毎夜毎夜、皆で集まって楽しい話で盛り上がったりしていた、
皆さん辛い航海もあったろう、、 しかしそれ故に妙に仲間意識で楽しくなり、明日も明日もで浦島太郎状態です。居たいけれど一番遠い私が2日目に勇気をだして云った 明日は出るよと  すると何人かが明日も明後日も波は高いからダメダメと云う、、、、
ゆっくりパーティでもして低気圧が過ぎる迄ここにいたほうが賢明と云う言葉にほだされて結局4泊しました、よく考えたらうちの艇のみ夫婦で他艇は男のみです、やはり、食事係兼ヤトナさんが居たほうが皆さんは良かったんだろうなー
とその時のことが思い出され懐かしさで胸がいっぱいになりそうでしたけれど、尾道の海は輝いていて、そんなセンチメンタルな気持ちは吹っ飛んでいきました。
さして今日の予定は?と訊くと 今日は北木島まで行くという。
山田さんに一目会って行きたいとのこと、嬉しいなー
2-3時間は良いのかと訊くと良いとのことなので昔ばなしやら今の事とかであっというまに4時間も経ってしまい
午後2時すぎに舫いを解いて北木島に向かった。
明日から私も仕事、明日の大忙しさが目に見えている以上、柿原さんを無理に引き止められなかったし、
また会えるチャンスいくらでもはあると想い
手を大きく振った私が見えた、 マタネッー

濱田夫妻 ( 愛艇 fuji ケッチ 32 オーナー ) と

5月17日(土) 快晴
 内海フィッシャリーナオーナーズ会通常総会
日時 午後7時 
場所 福山ニューキャッスルホテル 16階
久しぶりにいろんな人と逢え楽しかったです。
会長も福山市議当選のためか少し晴れ晴れの様子でした。本日より福山市のばら祭り、濱田氏と尾道3オーナーで2,3次回へ繰り出す。 

レガスの石田さん(ベネトウオセアニス343オーナー)、奄美まで知り合いのヨツトで楽しいクルージング13日間から帰尾
沖本夫妻、沖本さんも単身石田さんと奄美までのクルージングより帰尾、石田さんと帰りは飛行機、知り合いの艇 さくら は宜野湾へ
株主さまとAトレインで

5月20日(火) 快晴
 午後5時半より、仲間で作った会社の総会の帰り
A-トレイン(ショットバー)で
久しぶりに行くとジャズの香りがする。
私はいつもカンパリを頂く、本日は瀬戸田の柑橘で割る。
本日で総会は何回目?少し疲れました 

A-トレインの2代目マスター
2008モデル Hymer Mercedes B 655 SL

5月21日(水) 快晴
 本日は倉敷のデルタリンクへ
ハイマーのレクチャーを受ける が
私の思う小振りの全長6.5mサイズがない。
60歳までまだ時間はある。
ハイマーからまた小振りなキャンピングがでることを
期待しています。

フロント室内 造りはドイツらしさがある。ヨットもそうだけどドイツは質実剛健の雰囲気がまだ残っている。フランス製は明るい品の良さを感じる。ヨットもキャンピングカーもビルダーが存在して。いろんなメーカーのエンジンがあるのも似ています。
左 安保専務理事  右 大崎理事長 中田美術館内レストラン ロセアンにて

5月22日(木) 快晴
 NPO法人 おのみちアートコミュニケーション の
第1回通常総会も無事に終わりまして、
食談部会主催の尾道初めてのスローフードパーティ
(中田美術館内レストランロセアンにて)
ホームベージは

まいはし持参の平谷市長 スローフードの推進者というか良き理解者です。
前の記事
■2008年4月
次の記事
■2008年6月

アルバム写真

画像をクリックすると拡大画像が見られます。
更新日:2017/09/16

後藤さん 広島大学教授 スローフードパーティにて

自慢のガスストーブ、専用のやかんでお湯も沸かせます。さすが北国のヨットマンです。

Yoshidaさん夫妻

ラ、メール きた山で

朱華園(ラーメン)毎度の行列

マリンテクノ管轄の加島ポンツーン

長女世理花と遼太朗

加島ビーチにて左より長男の嫁、恵 長女の長男、遼太朗、長女、世理花、長男の長男、恵大、長女の婿、玉川公樹です。

藤原ファミリーです。

おのみちスローフード理解人のいっとくチェーン大将 山根君と川口石油の川口宗太朗船長

中田夫妻です。テラスBBQにて

柿原さんと

前の記事
■2008年4月
次の記事
■2008年6月
コメントをお寄せの方はこちらから