ようこそ!Captain YAMACOのホームページへ。日本全国のマリーナをめぐりながらの日本一周の旅。カタマランヨット cara(カーラ)の航海日誌です。

Captain YAMACO 案内記
山幸のブログ
” 想うこと ”
 
この記事のアルバムはこちら

■2013年6月

画像をクリックすると拡大画像が見られます。
更新日:2013/06/29
10のグループがエントリーです。

2日(日)
 向島『こころ』にて市民提案事業プレゼンテーション
おのみち海の駅活性化委員会の事業内容を発表しました。
審査に受かれば予算の半分を市が負担してくれるという素晴らし案件です。

イモータルとは永遠という意味らしい

シルク・ドゥ・ソレイユの『マイケルジャクソン・イモータル・ワールドツアー』マイケルの歌唱力は絶品でした。
唄と踊りとサーカスのミックスでしたが、体等に付いた電飾(LED)の色が思った以上に様々に変わるのには少し驚き、良い勉強になった。

人人で、、、、、

グランフロント大阪

ロセアンのシーフードカレーと奥はベジタリアンカレーこれに生ハムの前菜ついてワゴンサービスのスィーツ3種類と飲み物ついて2,100円はすごいでしょう。庭園もgood taste!!

仕事でフレンチ『ロセアン』と『きた山』と『蔵鮨』、イタリアン『ポルトディマーレ』『旬亭』といきました。
撮影者は迫くん

尾道では珍しい江戸前にぎり

久しぶりに前田夫妻と蔵鮨に行った

Aトレインで

久しぶりに帰尾した末娘飛鳥と婿どの

絶品スープ

旬亭

向島の高橋帆布製作所内に事務所を開設していた。雰囲気は良かった。

立花テキスタイル研究所にて
依頼しているcaraのお祝いタオル製作の打ち合わせと見学に

艇内の祭壇

21日(金)
 新西宮ヨットハーバーにて進水式、雨模様っぽいので艇内で礼拝。前艇の進水式時は突風が吹いて祭壇が海に全部落ちてしまい、供物を海より拾いお祓いした経験があり(その翌日がどうなったかは知るべしもないこと)でもあの翌日の荒天大荒れで私自身が運命を変える経験をさせてもらったことはありがたいことだと今でも思っている。
 でも今回は横浜でもなく神戸で内海であるし、気象も12年前よりは数段も予測できる時代です。
 しかし油断は禁物、今回は高松までのショートレンジと甘くみて昼ごはんは用意してなかった、朝6時に出港して朝食をすまして昼に着く予定が距離を誤り夕方4時に入港予定がわかり途方にくれたところ、運よくお供えものの40cmほどの鯛があり
焼いて塩をふり食し、お供えものの林檎で4人はお腹を満たした。全てに感謝ですなー

お供え物の『鯛1/4』と『林檎1個』で あリンゴ鯛 塩のみでしたが美味しかった

1日目
新西宮~高松60マイル 
朝6時出港
午後4時入港
昼食メニュー

5時半に行き6時半に出てびっくり20人ほどの行列がありました。

高松の夕食は生ビールと『一鶴』の親鳥、しめ鯖、生きゃべつ、鳥飯等々
そして締めは本場、さぬきうどん。満腹御礼

百島診療所へ帰る次田Drファミリーの艇

おのみち海の駅でばったり遭った、次田Drファミリー、ファミリーは本日、神奈川からのお越しだそうです。

おのみち海の駅で一泊です。

母なるポンツーンです。

風の子の桟橋、3年ぶりです。思い出深いです。

小村社長のマリンクラフト風の子
この日も昼食うっかり、加門君は本日カタマランデビュー
穏やかな航海でした、風はありませんでしたが、、、、、
小村さんところで3人給食弁当を頂きました、奥さんありがとうございました。美味しかったです本当。

前の記事
■2013年5月
次の記事
■2013年7月-1

アルバム写真

画像をクリックすると拡大画像が見られます。
更新日:2017/09/16

市民提案事業発表会

『こころ』向島の近くのラーメン屋の汁少な目担担麺、絶品近く感じられた。

尾道水道沿いのフレンチ『きた山』の外観。good taste!!

珍友名友の前田さん夫妻(蔵鮨にて)

旬亭のオーナー夫婦と飛鳥夫婦

左側に干してあるのがCara presents用、青のガーゼタオル、生成りもあります。

2代目Caraの室内は広い、12年の進化を感じる設計です。

神主さんはあの福男で有名な西宮戎神社の方で尾道出身でした。縁なものです。

高松市営マリーナです。(シャワーは無料でした。)

次田ファミリー

おのみち海の駅ビジターバース

風の子ベース

前の記事
■2013年5月
次の記事
■2013年7月-1
コメントをお寄せの方はこちらから