ようこそ!Captain YAMACOのホームページへ。日本全国のマリーナをめぐりながらの日本一周の旅。カタマランヨット cara(カーラ)の航海日誌です。

Captain YAMACO 案内記
山幸のブログ
” 想うこと ”
 
この記事のアルバムはこちら

■2013年12月

画像をクリックすると拡大画像が見られます。
更新日:2013/12/08
  

4日の朝陽が昇った、昨夜は寒いし、寝れないほどよく揺れた、リズムのない嫌な揺れだった。しかし眠たい時はどんな波でも寝れる、ということは眠たくなかったんだろう、久しぶりの回航で嬉しかったのかな? 師走で山は雪が積もっている季節だ、シャワーを浴びた後、その不調な波に朝まで翻弄された。2時間ごとのワッチ交替は少しきついな、3人はいる。この調子で84時間かと思うと回航はこの季節辛いな。楽しいクルーシ゜ングと云えば夕方、港に入り美味しいものを喰って飲んでワイワイ言って朝早く出港して次の停泊地まで8時間ほどセイリングしてというのなら話は別たが、、、、、
いろいろトラブル続きやら、季節はずれの連続台風、仕事やらで、天候と機関、仕事が噛みあわずこの季節になり、年の瀬も迫り、3オーバーナイトの運命の下、7ノット機帆走で新月の真っ暗ろな海を一直線にまっしぐらに南下している。

特に夜のワッチはレーダーとナビ、AISの情報に目は離せない。昼は自分の目でのアナログ世界、新月の暗闇ではレーダーとGPSというデジタルの目にたよっての航海、でも夜は網とか流れ藻、ロープ等の漂流物は見えない、小さなペラは小さな漂流物で絡んで走行不能となり、機関を逆転する、何度も繰り返し、取れない場合は潜ってとる。
夏は良いか、この季節は、思うだけでぞっーとするが、その時のために色々持っている。その時はその時。

奄美大島付近

夕方6時から朝6時までは12時間の暗闇だ、季節がいつものクルージングとは違って日の出は遅く、日の入りが早い、
昼と夜がイーブンの季節、あまり好きには馴れない。
朝が来て明るくなり回りが見えてくるとほっとする。
長い緊張から少し解放される。
陽の光ってありがたい

艇内でワッチの準備をした。これから2時間のワッチ、

1時間は寝たかな?真夜中の12時、耐寒正装準備完了、さぁ2時間ワッチだ。

あと6時間で宜野湾マリーナ

6日の午後11時半、沖縄宜野湾マリーナへ入港
大分を出て514マイル、
ノンストップで72時間かかりました。
仲間KENさんに舫いをとってもらい、
3時間後の飛行機で帰るため那覇空港まで送ってもらったありがとう。
黒潮の反流に乗り時速7knotで運よく来た、風は北西、西北西とまぁまぁだった。

西国寺にて

父の25回忌法要

シェラトンホテル広島

軽自協忘年会

尾道ロイヤルホテル

おのみち海の駅活性化委員会忘年会

寒いよー

雪の広島空港駐車場

朝食はヨットで

宜野湾マリーナ、暖っかい 広島とは10℃違います。
暖かさは沖縄の財産だとよく判ります。

婿どのは正月仕事です。頑張って下さい。

那覇空港まで世理花ファミリーを見送りに

宜野湾マリーナにて

沖縄って風の國だ、良く吹く

長女ファミリーが帰ったあとの夕食はばったり会った山村さんと3人で行った

東京の山村さんの紹介の外人住宅のイタリアン、
なかなか面白いところでした。

前の記事
■2013年11月
次の記事
■2014年1月

アルバム写真

画像をクリックすると拡大画像が見られます。
更新日:2017/09/16

黒潮を横断中、大隅海峡

黒潮会えて少しあったかくなった

内之浦のロケット発射場

だいぶ揺れてる?

沖縄本島沖にて、海が穏やかになり朝食中

おのみち海の駅活性化委員会の恒例x'mas、年末年始イルミネーション

ヘリオス酒造のサンタビールではい乾杯というよりメリークリスマス

NPO法人アートコミニケーションの忘年会後

NPO法人アートコミニケーションの忘年会

『藏鮨』にて会社の忘年会、1年間ご苦労様でした。

前の記事
■2013年11月
次の記事
■2014年1月
コメントをお寄せの方はこちらから