ようこそ!Captain YAMACOのホームページへ。日本全国のマリーナをめぐりながらの日本一周の旅。カタマランヨット cara(カーラ)の航海日誌です。

Captain YAMACO 案内記
日本列島東西南北
” 日本列島東西南北 ”
 
この記事のアルバムはこちら

■東西南北に感じて

画像をクリックすると拡大画像が見られます。
更新日:2011/07/28

日本の最東西南北を廻って、
共通の思いは『自然の厳しさ』を感じた。
それと『国土』という言葉を感じた、
岬を廻って感じるのは「潮の流れと風」だ。
広いところから一気に狭いところに押し寄せる現象により、より風が強く、潮の流れもより強く
俗に言う難所と呼ばれているところが多い、
納沙布岬では反対に風もなく、見たことのない濃霧に驚きと恐怖を感じました。

そして南の島は時化たらトコトン時化る、
南の島には、山はなく逃げる場所がありません、こういうと住みたくなくなるが、私たちが居たのはほんのショートステイだからどうとか言える立場ではない。
「住めば都」という言葉があるように良いとこっていっぱいあるのだろう、自然が厳しいほど喜びも大きいと思った、南国出身の歌手グループのbegin、チャンプルーズ、ネーネーズの詩にそれらを感じる事ができる、
皆で耐えて皆で楽しむ、詩には自然から与えられる悲しみ、喜びの両方を詩っている部分が日本本土の詩とは少し違っているようにこの度の沖縄方面クルージングで感じた。
人間って自然のなかで否が応でも生き生かされるものだから助け合う気持ちを昔のように持ってほしい、
私たちも日本一周をして多くの人に助けて戴き、良い人生勉強をさせて頂いたと思っている、なにもしないで尾道にいたらそれこそ一生、感じることはできないことに多々遭った。
 それと尾道という街が素晴らしい街ということに気づかされたことも自分自身のこれからの大きな財産になった。
   
     『おっさんこそ 大志を抱け!!』

アルバム写真

画像をクリックすると拡大画像が見られます。
更新日:2011/07/28

苫小牧

寿都(すっつ) 積丹岬の南

伊豆大島の『くさや』をライフラインに干して尾道まで持って帰ったが匂いは全然消えず、、、、

宮古島晴れがましいほどの空と海だった。

三陸沖の朝陽

硫黄島 (屋久島の北)

出港式 ありがとう

航跡

旧宮崎シーガイア沖。ここの水深6mだった

隠岐での2日ステイ、この隠岐シーサイドホテルにもお世話になりました。また行きたいです。

函館には荒天続きで5日滞在しましたが、色んな経験を味わうことができ、良い人たちとの出会いが多々あり幸せでした。

何処だっけ?また毎日楽しく、曜日を忘れること多々あった。

コメントをお寄せの方はこちらから